Nickel and Dimed: On (Not) Getting By in America (English Edition)

『Nickel and Dimed: On (Not) Getting By in America (English Edition)』のトップ画像

Amazon.co.jpで詳しくみる

商品説明

エディション:First

Kindle本(キンドル)

ページ数:244ページ

電子書籍

ABIS_EBOOKS

発売日:[平成22年]2010年4月1日(木曜日) 3340日[約9年3ヵ月]前です

リリース日:[平成22年]2010年4月1日(木曜日) 3340日[約9年3ヵ月]前です

レビュー

(内容紹介より引用)

Our sharpest and most original social critic goes "undercover" as an unskilled worker to reveal the dark side of American prosperity.

Millions of Americans work full time, year round, for poverty-level wages. In 1998, Barbara Ehrenreich decided to join them. She was inspired in part by the rhetoric surrounding welfare reform, which promised that a job -- any job -- can be the ticket to a better life. But how does anyone survive, let alone prosper, on $6 an hour? To find out, Ehrenreich left her home, took the cheapest lodgings she could find, and accepted whatever jobs she was offered. Moving from Florida to Maine to Minnesota, she worked as a waitress, a hotel maid, a cleaning woman, a nursing-home aide, and a Wal-Mart sales clerk. She lived in trailer parks and crumbling residential motels. Very quickly, she discovered that no job is truly "unskilled," that even the lowliest occupations require exhausting mental and muscular effort. She also learned that one job is not enough; you need at least two if you int to live indoors.

Nickel and Dimed reveals low-rent America in all its tenacity, anxiety, and surprising generosity -- a land of Big Boxes, fast food, and a thousand desperate stratagems for survival. Read it for the smoldering clarity of Ehrenreich's perspective and for a rare view of how "prosperity" looks from the bottom. You will never see anything -- from a motel bathroom to a restaurant meal -- in quite the same way again.

(商品説明より引用)

   エッセイストであり文化評論家のバーバラ・エーレンライクは、知性、明瞭さ、情熱をもって、社会通念に一石を投じることを得意とする。

福祉改革により1200万人もの女性が労働市場に進出せざるを得ない状況に置かれたことを受けて、著者は通常の生活給の半額といえる時給6ドルから7ドルという非熟練労働者の給料で、彼女たちがどのように生活しているかを探ろうと考えた。

そのために、何百万人ものアメリカ人がしているように仕事と住居を探し、実際に生活できるか試してみたのだ。

フロリダ州でウェイトレスとして働き、名前ではなく

「女の子」と呼ばれていたときには、月675ドルの家賃のトレーラー暮らしも、あこがれとなってしまっていた。

清掃員と、養護施設での補助の仕事を掛け持ちすることになったメーン州では、仕事を得るために気が遠くなるほどのテストをやらされた。

なかには「(麻薬で)少しハイになっているときの方がよく働く人もいるか」などといった、なんとも微妙な質問もあった。

ミネソタ州のウォルマートでは、さぼり、窃盗、薬物乱用やその他の悪質な行為をチェックする高圧的な監視員の監視下で働いた。

屈辱的な尿検査までさせられた。

低所得者は、中流階級の人々が知らない生き抜くための術を知っているのだろうか? はたしてエーレンライクは、福祉改革を推進したお偉い専門家が言うように、家庭から社会に出て働きたいと思う心理的効果を得ることができたのだろうか? とんでもない。

教育を受け、健康状態も良好で、車を所有し、家賃の最初の1か月分を払える余力があるという好条件にあっても、彼女は2つの仕事を掛け持ちし、週に7日間働いた。

それでもあやうくシェルター暮らしになるところだったのだ。

著者がユーモアと激しい怒りを織り交ぜて指摘するように、需要と供給はひっくりかえっている。

家賃は高騰する一方だが、賃金は決して上がらない。

それどころか、あまりの低賃金に、できるだけ多くの仕事を掛け持ちすることを強いられる状況だ。

ウォルマートのトレードマークであるベストの制服の背後には、ホームレスになるかならないかのボーダーラインが横たわる。

エーレンライクは、彼女独特の皮肉に富んだウィットと、持ち前の堂々とした偏見のない目で、影に隠されている低所得者にスポットを当てている。

その過程で彼らが住む世界―― 市民の自由が往々にして無視され、必死で働く人々が貧困から抜け出すための切符を手に入れられない世界―― に光を当てている。

(Lesley Reed, Amazon.com)

(Amazon.co.jpより引用)

   エッセイストであり文化評論家のバーバラ・エーレンライクは、知性、明瞭さ、情熱をもって、社会通念に一石を投じることを得意とする。

福祉改革により1200万人もの女性が労働市場に進出せざるを得ない状況に置かれたことを受けて、著者は通常の生活給の半額といえる時給6ドルから7ドルという非熟練労働者の給料で、彼女たちがどのように生活しているかを探ろうと考えた。

そのために、何百万人ものアメリカ人がしているように仕事と住居を探し、実際に生活できるか試してみたのだ。

フロリダ州でウェイトレスとして働き、名前ではなく

「女の子」と呼ばれていたときには、月675ドルの家賃のトレーラー暮らしも、あこがれとなってしまっていた。

清掃員と、養護施設での補助の仕事を掛け持ちすることになったメーン州では、仕事を得るために気が遠くなるほどのテストをやらされた。

なかには「(麻薬で)少しハイになっているときの方がよく働く人もいるか」などといった、なんとも微妙な質問もあった。

ミネソタ州のウォルマートでは、さぼり、窃盗、薬物乱用やその他の悪質な行為をチェックする高圧的な監視員の監視下で働いた。

屈辱的な尿検査までさせられた。

低所得者は、中流階級の人々が知らない生き抜くための術を知っているのだろうか? はたしてエーレンライクは、福祉改革を推進したお偉い専門家が言うように、家庭から社会に出て働きたいと思う心理的効果を得ることができたのだろうか? とんでもない。

教育を受け、健康状態も良好で、車を所有し、家賃の最初の1か月分を払える余力があるという好条件にあっても、彼女は2つの仕事を掛け持ちし、週に7日間働いた。

それでもあやうくシェルター暮らしになるところだったのだ。

著者がユーモアと激しい怒りを織り交ぜて指摘するように、需要と供給はひっくりかえっている。

家賃は高騰する一方だが、賃金は決して上がらない。

それどころか、あまりの低賃金に、できるだけ多くの仕事を掛け持ちすることを強いられる状況だ。

ウォルマートのトレードマークであるベストの制服の背後には、ホームレスになるかならないかのボーダーラインが横たわる。

エーレンライクは、彼女独特の皮肉に富んだウィットと、持ち前の堂々とした偏見のない目で、影に隠されている低所得者にスポットを当てている。

その過程で彼らが住む世界―― 市民の自由が往々にして無視され、必死で働く人々が貧困から抜け出すための切符を手に入れられない世界―― に光を当てている。

(Lesley Reed, Amazon.com)

(内容紹介より引用)

Our sharpest and most original social critic goes "undercover" as an unskilled worker to reveal the dark side of American prosperity.

Millions of Americans work full time, year round, for poverty-level wages. In 1998, Barbara Ehrenreich decided to join them. She was inspired in part by the rhetoric surrounding welfare reform, which promised that a job -- any job -- can be the ticket to a better life. But how does anyone survive, let alone prosper, on $6 an hour? To find out, Ehrenreich left her home, took the cheapest lodgings she could find, and accepted whatever jobs she was offered. Moving from Florida to Maine to Minnesota, she worked as a waitress, a hotel maid, a cleaning woman, a nursing-home aide, and a Wal-Mart sales clerk. She lived in trailer parks and crumbling residential motels. Very quickly, she discovered that no job is truly "unskilled," that even the lowliest occupations require exhausting mental and muscular effort. She also learned that one job is not enough; you need at least two if you int to live indoors.

Nickel and Dimed reveals low-rent America in all its tenacity, anxiety, and surprising generosity -- a land of Big Boxes, fast food, and a thousand desperate stratagems for survival. Read it for the smoldering clarity of Ehrenreich's perspective and for a rare view of how "prosperity" looks from the bottom. You will never see anything -- from a motel bathroom to a restaurant meal -- in quite the same way again.

(????????????より引用)

Our sharpest and most original social critic goes "undercover" as an unskilled worker to reveal the dark side of American prosperity.

Millions of Americans work full time, year round, for poverty-level wages. In 1998, Barbara Ehrenreich decided to join them. She was inspired in part by the rhetoric surrounding welfare reform, which promised that a job -- any job -- can be the ticket to a better life. But how does anyone survive, let alone prosper, on $6 an hour? To find out, Ehrenreich left her home, took the cheapest lodgings she could find, and accepted whatever jobs she was offered. Moving from Florida to Maine to Minnesota, she worked as a waitress, a hotel maid, a cleaning woman, a nursing-home aide, and a Wal-Mart sales clerk. She lived in trailer parks and crumbling residential motels. Very quickly, she discovered that no job is truly "unskilled," that even the lowliest occupations require exhausting mental and muscular effort. She also learned that one job is not enough; you need at least two if you int to live indoors.

Nickel and Dimed reveals low-rent America in all its tenacity, anxiety, and surprising generosity -- a land of Big Boxes, fast food, and a thousand desperate stratagems for survival. Read it for the smoldering clarity of Ehrenreich's perspective and for a rare view of how "prosperity" looks from the bottom. You will never see anything -- from a motel bathroom to a restaurant meal -- in quite the same way again.

(????????????より引用)

Our sharpest and most original social critic goes "undercover" as an unskilled worker to reveal the dark side of American prosperity.

Millions of Americans work full time, year round, for poverty-level wages. In 1998, Barbara Ehrenreich decided to join them. She was inspired in part by the rhetoric surrounding welfare reform, which promised that a job -- any job -- can be the ticket to a better life. But how does anyone survive, let alone prosper, on $6 an hour? To find out, Ehrenreich left her home, took the cheapest lodgings she could find, and accepted whatever jobs she was offered. Moving from Florida to Maine to Minnesota, she worked as a waitress, a hotel maid, a cleaning woman, a nursing-home aide, and a Wal-Mart sales clerk. She lived in trailer parks and crumbling residential motels. Very quickly, she discovered that no job is truly "unskilled," that even the lowliest occupations require exhausting mental and muscular effort. She also learned that one job is not enough; you need at least two if you int to live indoors.

Nickel and Dimed reveals low-rent America in all its tenacity, anxiety, and surprising generosity -- a land of Big Boxes, fast food, and a thousand desperate stratagems for survival. Read it for the smoldering clarity of Ehrenreich's perspective and for a rare view of how "prosperity" looks from the bottom. You will never see anything -- from a motel bathroom to a restaurant meal -- in quite the same way again.

(引用ここまで)
カスタマーレビューを開く
 (Amazon.co.jp) 

その他情報

  • ランキング
年月最高順位最低順位
2019年3月
2016年11月
この記事のPDF文書があります PDF文書をダウンロードする
Amazon.co.jpで詳しくみる