【復刻版】宇野浩二の「苦の世界」―元芸者の妻との苦難の実体験 (響林社文庫)

『【復刻版】宇野浩二の「苦の世界」―元芸者の妻との苦難の実体験 (響林社文庫)』のトップ画像

Amazon.co.jpで詳しくみる

商品説明

Kindle本(キンドル)

ページ数:317ページ

電子書籍

ABIS_EBOOKS

発売日:[平成28年]2016年2月10日(水曜日) 1233日[約3年5ヵ月]前です

リリース日:[平成28年]2016年2月10日(水曜日) 1233日[約3年5ヵ月]前です

レビュー

(内容紹介より引用)

【復刻版の原本】

この電子書籍は、以下の書籍の版面を複写し、シミ、ヤケ、活字のかすれ等をできるかぎり修正し、読みやすくした復刻版です(版面固定型)。

宇野浩二「苦の世界」(岩波文庫 昭和27年2月25日発行)

※ 端末によって見え方が異なる場合があるほか、復刻版の版面イメージの確認のためにも、無料サンプルをダウンロードし、確認の上でご購入下さい。

なるべく大画面のタブレット、パソコン等でご覧になることをお勧めします。

【解説】

「画家住友(浩二がモデル)をめぐる女と金をめぐる苦の世界がテーマ。

住友がよし子(伊沢きみ子がモデル)とともに前借を踏み倒して横須賀の芸者屋から駆け落ちして東京渋谷の竹屋の離れに変名で隠れ住んだ時のことから物語が始まる。

その時から女のヒステリーに苦しむ「苦の世界」となる。

他に本屋の主人山本の母親、よし子の母親と姉、周旋業者里見の妻、半田の妻などのヒステリー女が登場するが、やがてよし子のヒステリーから逃れるため再度よし子を芸者屋に身売りさせ住友は行方をくらましてしまう。

それからは芸者屋に支払う損害金や下宿の勘定などなど金に苦しむ「苦の世界」となる。

そこに登場するのが、自分の愛人だった芸者を父親に奪い取られた法科大学生鶴丸や千葉県津田沼に芸者あがりの女房と暮らす半田六郎という虚言癖の詐欺師めいた人物、売れない翻訳をして糊口を凌ぎながら困窮した住友に寝場所と食事を提供してくれる文学者志望の木戸参三という友人である。」(ウィキペディア)

(引用ここまで)
カスタマーレビューを開く
 (Amazon.co.jp) 

その他情報

  • ランキング
年月最高順位最低順位
2019年3月244233244233
2019年1月203716203716
2016年4月113723113723
この記事のPDF文書があります PDF文書をダウンロードする
Amazon.co.jpで詳しくみる