切ったら絵が出る ちいさなべこもち:下北半島のおばあちゃんに教わった素朴なおやつ 郷土の柄からかわいいアレンジまで

img_top

Amazon.co.jpで詳しくみる

商品説明

Kindle本(キンドル)

電子書籍

発売日:[平成28年]2016年8月10日(水曜日) 800日[約2年2ヵ月]前です

リリース日:[平成28年]2016年10月7日(金曜日) 742日[約2年]前です

レビュー

(内容紹介より引用)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。

文字列のハイライトや検索、辞書の参照などの機能は使用できません。

作って楽しい、食べておいしい

「べこもち」は北海道と青森県・下北半島で受け継がれ、特に節句やお盆など、季節の行事で親しまれているおやつの名前。

その出来上がりの形から「べこ(牛)もち」や「くじらもち」として愛されてきました。

--レビューの続きがあります。開く--
カスタマーレビューを開く
 (Amazon.co.jp) 

その他情報

  • ランキング
年月最高順位最低順位
2018年9月229666229666
2018年7月220971220971
2018年6月211332211332
2018年5月207951207951
2018年4月202978202978
この記事のPDF文書があります PDF文書をダウンロードする
Amazon.co.jpで詳しくみる

タイトルワードで探す

Post navigation