人は感情でモノを買う

『人は感情でモノを買う』のトップ画像

Amazon.co.jpで詳しくみる

商品説明

Kindle本(キンドル)

ページ数:130ページ

電子書籍

ABIS_EBOOKS

発売日:[平成27年]2015年8月18日(火曜日) 1402日[約3年10ヵ月]前です

リリース日:[平成28年]2016年11月30日(水曜日) 932日[約2年7ヵ月]前です

レビュー

(内容紹介より引用)

■お客様の感情を見抜けば、購買時に心のホットボタンを押すだけ

ネット・マーケティングの難しさは、

お客様の顔が見えないなかで商品を売ることにあります。

著者はそうした多くのお客様の本当の感情を見抜き、

購買時までに商品を買いたくなる仕組みを作り上げてきました。

このマーケティング手法で、かつては12時間で5億円を売上げ、

ネット界では知られる存在になった人物です。

彼はネット上のちょっとしたコメントのなかに、お客様の感情をとらえ、

ブログやメルマガ、セールスレターのなかにおそうした感情を盛り込み、

商品を売るときには、すでにお客様の悩みや不安、願望を解消してきました。

この本では、お客様の本当の感情をいかに見抜いていくか、

また、それをマーケティングの流れにいかに乗せていくかを解説していきます。

お客様の購買心理は感情がすべてです。

結果的に、お客様の本当の感情を見抜けば、

商品は何でも売れてしまうのです。

■人の感情レベルは、ネットもリアルも関係ない

現代はLINEやFB、ツイッターなどのソーシャルメディアにより、

コミュニケーションが頻繁に行われています。

しかし一方で、コミュニケーションの中身は希薄になり、

多くの人がさみしさを感じています。

そんな時代だからこそ、

「自分のことをわかってくれる」ということは、

あなたがその人から絶大な信頼を寄せられるということです。

言い換えれば、プライベートでさえ自分をわかってくれる人が少なくなった現在、

ビジネスでお客様の本当の感情に寄り添うことができれば、

モノを売るということがいかに簡単かということなのです。

この本では、相手の感情を引き出すための「聞くレベル」や、

人の感情が現れるトリガーワードを紹介しています。

これらは、ビジネスだけでなくプライベートも変えてしまうくらいの

強力なツールです。

つまり、人の感情を見抜くことは、あなた自身を豊かにしてくれるものでもあるのです。

■目次

はじめに──今日もネットの向こう側にいるお客さまと話をする

第1章 「お客さまを理解する」ということを本当に理解しているか?

第2章 お客さまの感情にフォーカスするために必要なこと

第3章 お客さまの「本当の感情」を引き出すトリガー

第4章 人の感情を見抜くために必要なマーケティング

第5章 「究極の理解」スキルをさらに高める習慣

(引用ここまで)
カスタマーレビューを開く
 (Amazon.co.jp) 

その他情報

  • ランキング
年月最高順位最低順位
2019年3月115386115386
2019年1月9156291562
2017年11月9425594255
2017年9月1743218667
2017年8月3588037420
この記事のPDF文書があります PDF文書をダウンロードする
Amazon.co.jpで詳しくみる

タイトルワードで探す