草食男子

『草食男子』のトップ画像

Amazon.co.jpで詳しくみる

商品説明

Kindle本(キンドル)

ページ数:153ページ

電子書籍

ABIS_EBOOKS

発売日:[平成29年]2017年7月17日(月曜日) 709日[約1年11ヵ月]前です

リリース日:[平成29年]2017年7月17日(月曜日) 709日[約1年11ヵ月]前です

レビュー

(内容紹介より引用)

男性社員が人間らしく働ける職場

主人公は某商社の電子材料部で働く二年目社員。

電通社員の自殺事件が大きく取り上げられて社会問題になってから数ヶ月後、主人公が勤務する会社で

「WLB委員会」が立ち上がった。

WLBとはWork Life Balanceの頭文字だ。

その名前の通り、仕事と生活の調和を改善するための社内組織だ。

社員一人一人がやりがいと充実感を持って働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できることを目指す、それがWLB委員会の標語だったが、実現のための具体策があるかどうかが問題だと思われた。

WLB委員会立ち上げの二週間後に発表された具体策の提案は斬新な内容だった。

"今回WLB委員会が着目したのは『男性が女性と同様に生活を重視できる環境』を整えることが『女性が男性と同様に仕事で活躍できる環境』以上に重要なのではないかということです。

ブラック企業で問題となっている度を超えた長時間労働やサービス残業は会社トップの方針だけでなく、仕事のために私生活を犠牲にすることを美徳と感じる従業員が、不健康な社風を容認しているから起きるのではないでしょうか? 女性はライフサイクルもあってWork Life Balanceが過度にW化することを本能的に避ける体質を身につけていますが、男性の場合は出世欲、同僚を凌駕したいという欲望、闘争本能が強く働きます。

『男子はこうあるべきだ』という常識を壊さない限り、本質的な改善は不可能です。

WLB委員会が提案した『草食男子育成計画』とは?

これは、男女の生き方について再考を促す、桜沢ゆうらしいタッチのラノベ・エンターテインメント小説です。

この作品をコメディー、トラジェディーのいずれに分類するか? それは読者の人生観にかかっています。

(引用ここまで)
カスタマーレビューを開く
 (Amazon.co.jp) 

その他情報

  • ランキング
年月最高順位最低順位
2019年1月8766487664
2018年10月8592085920
2018年9月5425154251
2018年8月4261671825
2018年7月5858482330
この記事のPDF文書があります PDF文書をダウンロードする
Amazon.co.jpで詳しくみる