羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界 (集英社新書)

img_top

Amazon.co.jpで詳しくみる

商品説明

Kindle本(キンドル)

ページ数:181ページ

電子書籍

発売日:[平成30年]2018年1月22日(月曜日) 328日[約10ヵ月と28日]前です

リリース日:[平成30年]2018年1月19日(金曜日) 331日[約11ヵ月と1日]前です

レビュー

(内容紹介より引用)

フィギュアスケート界で人気実力ともにナンバーワンを誇る羽生結弦。

しかし羽生のスケーティングを語るとき、たいていの人は

「美しい」「観客を引き込む」という曖昧な表現に終始するか、「何回ジャンプを跳べたか」という点をクローズアップするばかりだ。

著者は、38年間この競技を見続けてきた生粋のスケートファン。

マニアックな視点で、「羽生の演技の何がどう素晴らしいか」を、表現、技術の両面から徹底的に分析する。

--レビューの続きがあります。開く--
カスタマーレビューを開く
 (Amazon.co.jp) 

その他情報

  • ランキング
年月最高順位最低順位
2018年11月2195521955
2018年10月6477064770
2018年9月7528475284
2018年6月5030550305
2018年3月32248085
この記事のPDF文書があります PDF文書をダウンロードする
Amazon.co.jpで詳しくみる

タイトルワードで探す