空席 隠蔽捜査シリーズ (Kindle Single)

『空席 隠蔽捜査シリーズ (Kindle Single)』のトップ画像

Amazon.co.jpで詳しくみる

商品説明

Kindle本(キンドル)

ページ数:49ページ

電子書籍

ABIS_EBOOKS

発売日:[平成30年]2018年11月27日(火曜日) 233日[約7ヵ月と23日]前です

リリース日:[平成30年]2018年11月27日(火曜日) 233日[約7ヵ月と23日]前です

レビュー

(内容紹介より引用)

警察小説のベストセラーシリーズ

「隠蔽捜査」のスペシャル版と言っていい中編作品。

東大法学部卒のキャリアで、「変人」とも称される主人公の竜崎伸也が不在、というトリッキーな設定が意外性に富んだ結末を招き寄せる。

警視庁大森署で署長として数々の難事件を解決した竜崎は、神奈川県警刑事部長に栄転が決定。

貝沼副署長ら大森署の面々は着任していく竜崎を見送った。

後任の署長は女性キャリアで、北海道警総務課長から異動してくるが、到着が遅れ、明日にならないと赴任しない。

そんな「空白の一日」を、事件は待ってくれない。

品川署管内で同一犯の仕業とみられるひったくりが連続して発生。

方面本部からの要請で、大森署も緊急配備への出動を命じられる。

ほぼ総動員で犯人の逃走経路に網を張るのだ。

ところが、ほどなくして、今度は大森署管内でタクシー強盗事件が起きた。

2件同時の「緊配」は不可能だ。

署長不在の中、貝沼は苦渋の決断を迫られる。

(引用ここまで)
カスタマーレビューを開く
 (Amazon.co.jp) 

その他情報

  • ランキング
年月最高順位最低順位
2019年7月7979
2019年6月4082
2019年5月2846
2019年4月4040
2019年3月5858
この記事のPDF文書があります PDF文書をダウンロードする
Amazon.co.jpで詳しくみる