スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME ONE [DVD]

『スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME ONE [DVD]』のトップ画像

Amazon.co.jpで詳しくみる

レビュー

(Amazonレビューより引用)

   断言しよう。

本作『クローン大戦』は、超正統派の『スター・ウォーズ』作品である。

アニメ・シリーズとはいえ、『エピソード2 クローンの攻撃』と『エピソード3 シスの復讐』の間に起こった出来事を扱っているのだ。

前述の2本の劇場用映画がクローン戦争の始まりと終わりを語っているのに対し、本作『クローン大戦』は実際の戦闘や英雄たちの伝説的な活躍ぶりを描いている。

ただ、人間描写については過大な期待をしないこと。

各エピソードはセリフよりも激しいアクションを中心とした展開となっているからだ(『スター・ウォーズ』シリーズのセリフのまずさを考えれば、これはまんざら悪い方向性でもない)。

オビ=ワン・ケノービ、ヨーダ、メイス・ウィンドゥを始めとするおなじみの顔ぶれが闘いを繰り広げる一方、ARCトルーパー(精鋭のクローン・トルーパー)や新顔のジェダイ(ルミナーラ・アンドゥリ、バリス・オフィーという2人の女性と水陸両生人のキット・フィストー)もお目見え。

さらに、アナキンのキャラも多少掘り下げられており、共和国軍最高のパイロットとしての腕前、オビ=ワンへの反抗、シスの弟子アサージ・ベントレスとの死闘が描かれる。

しかし、分離主義者のドロイド軍団ではジェダイ1人にも太刀打ちできないことが判明すると、『エピソード3』でも大暴れする強敵グリーバス将軍が登場し、物語は急展開。

キャストの大部分はベテラン声優陣で占められているが、アンソニー・ダニエルズがC-3PO役で参加している。

『クローン大戦』で制作・監督を担当したゲンディ・タルタコフスキーは、これまでに『サムライ ジャック』、『Dexter's Laboratory』、『パワーパフ ガールズ』などのスタイリッシュなアニメ・シリーズを手がけてきた。

『クローン大戦』では、2004年のエミー賞アニメーション番組部門(1時間以上)を受賞している。

ここに収められた全20話は、カートゥーン・ネットワークで放映されたもの。

69分間を通して見てもよし、チャプターごとに見てもまたよし。

DVD特典として、音声解説2つ、メイキングを描いた短編1本、ビデオ・ゲームと『エピソード3』の予告編、ステルス・ゲーム『スター・ウォーズ リパブリックコマンド』のデモ・バージョン(Xボックスでプレイ可能)を収録。

『エピソード3』を待ちきれないファンにとって、『クローン大戦』は必見の一作だ。

(David Horiuchi, Amazon.com)

(引用ここまで)
カスタマーレビューを開く
 (Amazon.co.jp) 

価格プライス(KAKAKU・PRICE)

新品販売価格 2260円
中古販売価格 554円
参考価格 3218円
[Amazon.co.jp 価格調査日時 2019年5月24日 3時56分日本時間]

コメント: 新品販売価格より中古販売価格のほうが1706円ほど安いです。約75パーセント引きになります。
Amazon.co.jpで出品情報をみる

価格グラフ

  • 価格
  • 月別
  • ランキング
スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME ONE [DVD]の最近のアマゾン販売価格の傾向変動
スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME ONE [DVD]のアマゾン販売価格の月別最低価格統計
年月最高順位最低順位
2019年3月73457345
2016年10月3420334203
2016年3月500410594

価格グラフの新品の最低価格・底値は3月21日2時26分(65日前)の2688円で
その他の最低価格・底値は3月10日19時15分(1170日前)の754円でした。

この記事のPDF文書があります PDF文書をダウンロードする
Amazon.co.jpで詳しくみる