白い巨塔 DVD-BOX 第一部

『白い巨塔 DVD-BOX 第一部』のトップ画像
『白い巨塔 DVD-BOX 第一部』の1枚目の画像
Amazon.co.jpで詳しくみる

商品説明

アスペクト比:2.35:1

JAN:4988632119672

ディスク数:4枚

DVDブルーレイ

ABIS_VIDEO

リリース日:[平成16年]2004年3月3日(水曜日) 5617日[約15年7ヵ月]前です

再生時間:465分

商品コード:PCBC-60043

レビュー

(Product Descriptionより引用)

ケースにシミ有り、ディスクは比較的綺麗な状態です。

こちらの商品はAmazon配送センターより発送します。

(Amazonレビューより引用)

   大学病院に渦巻く人間模様を鮮やかに切り取った山崎豊子による同名小説の映像化は、映画とテレビを含めると実にこれが5度目となる。

とりわけ、田宮二郎が主演した1978年版はテレビドラマ史に残る金字塔なだけに、それから25年ぶりとなるリメイクにはいささか不安もあったが、冒頭の手術シーンからいきなりに釘付け。

一気呵成に見せきる語り口のうまさにはただただ圧倒的されるばかりで、えげつないまでの権力闘争と医療のあり方についての真摯な問いかけとが交錯する“白い巨塔”の世界に、瞬く間に引き込まれてしまうこと受け合いだ。

1話から10話までの第1部では、浪速大学医学部第一外科の教授選がドラマの焦点に。

その座を狙う助教授の財前(唐沢寿明)と、そうはさせじと画策する現教授の東(石坂浩二)の両陣営が繰り広げる激しい選挙キャンペーンに、読み物的なおもしろみは回を追うごとに高まっていく。

『白い巨塔』が時代を超えて理屈抜きに楽しめる稀有な作品であることは、話の先を知っている人ほど再認識させられるのではないだろうか。

財前とは水と油の病理学教授・大河内を演じる品川徹を筆頭に、色のついていないフレッシュなキャスティングもいい。

あざとさと繊細さと華麗さとが折り重なり合う怒涛の展開に、いやが応にも第2部への期待感を抑えられなくなる。

(麻生結一)

(引用ここまで)
カスタマーレビューを開く
 (Amazon.co.jp) 

価格プライス(KAKAKU・PRICE)

新品販売価格 98000円
中古販売価格 9800円
参考価格 20520円
[Amazon.co.jp 価格調査日時 2019年7月20日 5時37分日本時間]

コメント: 新品販売価格より中古販売価格のほうが88200円ほど安いです。約90パーセント引きになります。
Amazon.co.jpで出品情報をみる

価格グラフ

  • 価格
白い巨塔 DVD-BOX 第一部の最近のアマゾン販売価格の傾向変動

価格グラフのその他の最低価格・底値は7月12日2時35分(9日前)の10529円でした。

この記事のPDF文書があります PDF文書をダウンロードする
Amazon.co.jpで詳しくみる

タイトルワードで探す