ホテル・ピーベリー (双葉文庫)

『ホテル・ピーベリー (双葉文庫)』のトップ画像

Amazon.co.jpで詳しくみる

商品説明

Kindle本(キンドル)

ページ数:171ページ

電子書籍

ABIS_EBOOKS

発売日:[平成26年]2014年11月13日(木曜日) 1649日[約4年6ヵ月]前です

リリース日:[平成27年]2015年6月12日(金曜日) 1438日[約3年11ヵ月]前です

レビュー

(内容紹介より引用)

職を失った木崎淳平は、鬱屈した心を抱えてハワイ島にやってきた。

滞在先のホテル・ピーベリーは小さいけれど居心地が良く、他に四人の日本人旅行者がいた。

だが、ある夜、客の一人が淳平に告げる。

「楽しみにしてろよ。

今に面白いものが見られる」不吉な予感の通り、その後、客の一人が溺死し――。

様々な顔を持つハワイ島の自然と、人生の夏休みを謳歌する人々が抱える闇を巧緻な筆致で描く、一気読み必至の傑作ミステリー。

(引用ここまで)
カスタマーレビューを開く
 (Amazon.co.jp) 

その他情報

  • ランキング
年月最高順位最低順位
2019年5月173424176093
2019年4月164132164132
2019年3月117679117679
2019年2月21707134302
2019年1月106433106433
この記事のPDF文書があります PDF文書をダウンロードする
Amazon.co.jpで詳しくみる