朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」

『朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」』のトップ画像

Amazon.co.jpで詳しくみる

商品説明

エディション:1

Kindle本(キンドル)

電子書籍

ABIS_EBOOKS

発売日:[平成28年]2016年12月8日(木曜日) 983日[約2年8ヵ月]前です

リリース日:[平成28年]2016年12月12日(月曜日) 979日[約2年8ヵ月]前です

レビュー

(内容紹介より引用)

◎寝ても疲れがとれない

◎とにかく朝に弱い

◎余裕のある日々を過ごしたい

本書は、そのような人たちに向けて、

「5時間前後の睡眠でも、スッキリ目覚めて、一日中疲れ知らずの体を手に入れられる眠り方(5時間快眠法)」を教えるものです。

睡眠時間をコンパクトに圧縮し、かつこれまで以上に疲れのない睡眠を手にする。

そして、「朝5時起き」までを実現します。

「5時間快眠+朝5時起き」を実現すれば、人生は大きく変わります。

「早朝10分の生産性は、夜の1時間に値する」といった早起きの効能は、多くのところで述べられていますが、これまでと同じ睡眠時間(7時間前後)で、生産性の高い早朝という時間を手にしようとすれば、早寝で夜の時間を諦めなければなりませんでした。

また、無理に睡眠時間を削って早起きをしても、日中、疲れや眠気でつらくなってしまうのは目に見えています。

しかし、5時間快眠ができるようになれば、朝5時起きでも0時に寝ればよく、さらに日中も、ずっと疲れなく過ごせるようになります。

するとまず、朝「2時間」の自由時間が増えます。

生産性の高い早朝に仕事や勉強をしたり、健康的な朝食を食べて余裕のある朝を過ごしたり、あるいは、健康のために朝のランニングを始めたり……これまで以上に余裕のある生活が待っています。

さらに、夜の時間の使い方も変わります。

「朝の時間を有効に使えるようになることで、いつもより早く帰宅でき、家族との時間を多く過ごせるようになる」「これまでは疲れて眠るだけだった夜の時間を、友人との食事、読書や映画鑑賞などにあてられるようになる」……

このように「5時間快眠」と「朝5時起き」を実現すれば、一日の使い方はガラリと変わるのです。

本書では、この2つを実現するメソッドを、睡眠専門医が丁寧に解説していきます。

(引用ここまで)
カスタマーレビューを開く
 (Amazon.co.jp) 

その他情報

  • ランキング
年月最高順位最低順位
2019年8月2212022120
2019年5月81968196
2019年4月1720517205
2019年3月29497268
2019年2月572823509
この記事のPDF文書があります PDF文書をダウンロードする
Amazon.co.jpで詳しくみる